お金と虫眼鏡

綿密な連絡や相談がおもちゃや骨董品買取のトラブルを防ぐ

見積を出してもらう

骨董品

自分には価値のわからない骨董品などは骨董品買取などを専門に行なっている業者に見積もりを出してもらってから買取ってもらうと良いでしょう。他にも、不用品として処分する場合は不用品回収業者を頼りましょう。

詳細

鑑定してみる

ツボ

骨董品などはコレクターの方も多いのでもしかすると高額買取が期待できるかも知れません。骨董品に興味がない場合などは一度鑑定を兼ねて買取査定を依頼してみると良いかも知れません。

詳細

買取店へGO

骨董品

骨董品、特に興味はないけど家にあるという人は、そういう品を専門に買い取っている買取店に持っていくことをおすすめします。骨董品も、興味を持ってくれる人の家に引き取られたほうが幸せになれるでしょう。

詳細

買取を利用する

おもちゃ

以前ならおもちゃや骨董品の売買をする場所は限られていて、直接店舗に品物を運びこむか出張してもらって査定してもらうよりありませんでした。しかし現在では通信手段や配送手段が発達し、全国どこにいても好きな方法で取引ができるようになっています。 それによっておもちゃや骨董品の買取に時間をかけず、いろんな業者や個人間で売買契約が結べるようになりました。買取の方法も複数の業者に査定してもらい、より自分の希望額に合う査定を出した業者と取引を成立させれば得られる利益も大きくなります。 さらに価値の高い古いおもちゃや骨董品はオークションにかけて金額をせり上げる手法も使えますから、場合によっては専門店に売るよりも大きい利益が出る可能性も出てきます。

しかしおもちゃや骨董品の買取を遠方の業者や個人と行なうのは、良いことばかりとも限りません。金銭のやりとりや品物の受け渡し方で、行き違いがあったりトラブルになる可能性もゼロではありません。 最も多いのは配送時や受け渡しの時に、骨董品が破損したり思ったより品物の状態が悪かったというケースです。これは事前に受け渡しの途中で問題がおこった場合どちらに責任があるかといったことや、事前に写真を取り証拠を保全しておけばある程度は回避できる問題です。 しかしもっとも大きいのは金額的なものであり、たとえば取引した相手から品物が返送されてこなかったり、金銭が送られてこなかったりというパターンです。 そうならないためにも相手との連絡は密に取るようにし、信頼の置ける相手かどうか見極めてから買取を決定するようにした方がいいでしょう。そのためには余裕のある取引を心がけて、主導権を必ず自分が握ることが大切です。